FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏が始まろうとしています
博多の7月といえば「博多祇園山笠」でございます。
1日~15日まで、博多の町が眠らなくなる期間です。
特にフィナーレの「追い山」は15日早朝4時59分にスタートする為、まだ夜も明けない時間から…待ち切れない人は前日の夜中から博多の町に繰り出すのです。

ウチのボスが写真が趣味なので行きたいと言い出しまして。
課長2名と博多に社宅がある部長1名と秘書の私がお供することになりました。
まさかの2時半起きです(マジでかー)
自宅から出掛けるよりも、祖父母(嵐くん大好きばぁば)の家の方が便利なので、一旦自宅に戻って荷物持って泊まらせて貰いました。
足は課長が車で拾ってくれるので心配なし。

いやー、こういう時って気が張ってるから眠りが浅いのね。
しかも、アラームで祖父母を起こさないように携帯はバイブにして手に持って寝てるから、体が強張ってんの(笑)
しかも「みさっちー、迎えに来たよー?」っていう電話で起きるという冗談じゃない夢で飛び起きたら午前0時、みたいな(疲)
まぁ、無事寝坊もせず起きてお風呂入って普段着に着替えて時間ピッタリに待ち合わせ場所に行ったら、課長の車がもう待ってた…(超すいません)

ボスも拾って会社に車を置いた後、中州を越えて土居町へ…。
普通だったら明け方4時とか、中州帰りの人しかいないだろう時間帯にあっちにもこっちにも老若男女。
そして、水法被に締め込みの男衆。
元々お祭りは大好きだし、寝不足なのでテンションも早々上がって参りました(笑)
そんな4人、部長の社宅に到着。
コンビニで買った朝ご飯を食べながらTV中継で一番山笠の櫛田入りを見届け、マンションの下へ。
目の前を山が走り抜ける絶好の見物ポイントなんですよ。
博多の山笠はタイムトライアルなので、物凄いスピードで過ぎ去ってしまうんです。
男衆に掛ける勢い水がたまに降りかかりつつ、7つの山を見送って時間は6時前、空も徐々に明るくなってくる頃です。
気付いたら課長の一人が勢い水を掛けられ、全身ずぶ濡れに。
実「そのまま帰るんですか?」
課「いや、着替え持ってきたから会社で着替えて仮眠とる」
…そんな課長ひとりを会社に置いて、一度祖父母宅に帰り、お風呂入って通勤着に着替えてちゃんとした朝食取って「お騒がせしましたー」と謝りつつ、出勤。
8時出社、そして長い1日が始まるのでした。

後で聞いたら会社でもかなりの人が追い山を見に行ってたみたい。
多分皆、1日仕事にならなかったと思うよ(苦笑)

山笠が終わって、一雨来たら梅雨が明けて夏が始まります。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

mi-sato

  • Author:mi-sato
  • 福岡市民

    カッコイイと思える曲はジャンル不問で何でも聴きます。
    嵐からマリリン・マンソンまで。

    ・VivienneWestwood
    ・L'estRoseParis
    ・axes femme
    なんかを好んで着てます。

    …よろしくどうぞ。
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
オトフレーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。